私の名前はマーカスハーベイです。ポートランドに情熱を持っています。 90年代の赤ん坊、マイケルジョーダンとケングリフィージュニアの台頭、両親によるオレゴンダックファンの洗脳、またはナイキワールドの本社の近くでの呼び出しとはいえ、スポーツは大好きだった。当然、私はオレゴンダックになり、2012年にデジタルアートとビジネスの学位を取得して卒業しました。在学中、私はマーケティング、アート、スクリーン印刷、ブランディングへの愛情を育み、私の友愛の中に素晴らしい友達のグループを見つけました。  

2012年にポートランドに戻ったとき、私はフリーランスのアパレルデザインビジネスを始めました。そこでは、全国の企業がタグに「Made in Portland」が付いたアパレルを求め始めました。 Instagramが成長を始めたばかりだったので、コミュニティを構築し、写真やポートランドに身を置きたいと思っていたこれらの企業を通じて、街への愛を共有する方法として@portlandを始めました。 2013年のフォロワー数は0人から始まり、過去5年間で#portlandnwを460,000回使用しているユーザーの数が340,000人に増えました。

ページの管理と実行において、私はポートランダーズの誇りを見て、私たち全員がそれを誇示するために身に付けることができるものを作成したいと考えました。 2014年のブラックフライデーに、アパレルデザインとブランディングの私のバックグラウンドを使用して、2枚のTシャツ、@ Portlandページの2枚の写真、および前夜に作成したウェブサイトでPortland Gearを立ち上げました。初日は$ 5,000の売り上げを上げ、振り返ることはありませんでした。それ以来、私たちは世界中で製品を目にし、すべての州と60か国にポートランドの一部を出荷してきました。  

私たちのモバイルポップアップストアとして使用されていたナイキに触発された1973年のVWウェストファリアを使用して、19日に900平方フィートの小売店とバーンサイド、そして3,000平方フィートのオフィスとイベントスペースに至るまで、私たちのチームは7、フルタイムでブランドに取り組んでいる素晴らしいチームメンバー。過去5年間、私たちは幸運にもTrail Blazers、Timbers、Thorns、OHSU、US Women's National team、Water ave Coffee、Breakside brewing、University of Portland、非営利団体などと素晴らしいローカルコラボレーションを行ってきました。私たちのルーツに忠実であり続けることは非常に重要であり、私たちはこれらの地域のパートナーシップに大きな喜びを見出しています。  

人々が実際に身に着けて共有することを楽しむ製品を作り、街とその素晴らしい人々の周りにコミュニティを構築したいと考えています。すべてのサポートに感謝し、私と私の親友(たまたま私の最初の従業員)が私たちの夢を実現し、私たちが毎日愛することを実行できるようにしてくれてありがとう。過去5年間でブランドを成長させる楽しい旅でした。将来の展望を楽しみにしています。

質問、フィードバック、アドバイスについては、お気軽に私とチャットしてください。

marcus@portlandgear.com | あずきっく